第28回運営委員会 兼 安全管理(リスクマネージメント)委員会 議事録

日 時:平成29年3月17日午後4時35分から午後5時15分
場 所:福祉財団ビル7階大会議室(豊島区南大塚3-43-11)

出席者が委員会成立を満たしていることが確認され、大澤所長議長の下、午後4時35分に会議が開始された。

議題

1.報告事項

  • 2月の診療の安全管理について、該当事案がないことが報告された。
  • 2月における診療状況、収支について報告された。

2.審議事項

  1. 平成28年度 診療所事業の運営について
    • 事業計画に盛り込まれた収入を目指して努力することが了承された。
  2. その他
    • 電子カルテのログインパスワードは、2か月に1回変更することが確認された。
    •     

    • 波の会(日本てんかん協会)の月刊誌へ、大塚駅前診療所の広告が、29.3月号から掲載されていることが報告された。
    • 呼吸器管理セミナーは理事会での審議の結果、延期されることが報告された。
    • 9月7日の「世界デュシェンヌ型筋ジストロフィーDay」にイベントを開催すること、また、新たに筋ジストロフィーの記念日を設定することが提案された。
    • 池上委員から、第26回委員会(1月20日開催)で佐藤委員から提案があった来年度予算案の3通りのシュミレーョン作成について質問があった。事務局から「診療収入から診療報酬80%を差し引いた20%を収益として運営するのが、診療所事業の前提。一般管理費は固定費として決まっている。前提が変わらないのであれば、売上げ目標を減らした予算案を作成すれば、赤字額が増えるだけ。何より、診療所予算(1,230万円)は3月5に開かれた理事会で原案どおり承認されている」と説明があった。また、矢澤委員から「今年度実績の3倍といっても誇大な数字でない。目標患者数の月60人は1週あたりにすれば15人で、週3日診察すれば達成可能だ」と補足説明があった。

以上をもって、午後5時15分で会議は終了した。

平成29年3月17日