JMDAロゴ



 CONTENTS
▼ 最新医療情報(Remudy)
▼ JMDAの活動
▼ JMDAのお知らせ
▼ JMDAの出版物紹介
▼ 関連リンク
▼ 大塚駅前診療所
▼ 筋疾患医学情報
▼ QOL事例集
▼ イベント開催
▼ 夢の扉インターネット
▼ よくある質問」
(JKA補助事業)
▼ 会報「一日も早く」
▼ ブログ(補助事業)
JKA 日本財団
▼ ご寄付のお願い
▼ 情報公開
▼ ホーム

最新医療情報

 筋疾患百科事典
 筋疾患百科事典は、比較的よく知られている筋肉の病気を、最新の知見を入れて紹介しています。
専門的なことが多いので医家向けですが、なるべく専門用語は避けて素人の方にもわかり易いようにと努めました。
筋疾患別の病名一覧アイウエオ順筋疾患一覧から調べることができます。

  筋疾患百科事典入り口(スマホ対応版)

   我が国の筋ジストロフィーの患者数は、約25,400人(推計)です。
【出典】
厚生科学審議会疾病対策部会指定難病検討委員会(第7回)(平成27年2月4日) 資料
(資料1−2)指定難病として検討する疾患(PDF)(該当部分のみ)


 最新医療情報
デュシェンヌ型筋ジストロフィー診療ガイドライン (医師向け)
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
筋ジストロフィー患者登録センター(REMUDY, レムディー)
筋ジストロフィーの中で、ジストロフィン異常症(デュシェンヌ型、ベッカー型)と
縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーを対象にして、患者情報を登録するという制度が運営されています。
神経・筋疾患医学情報登録・管理機構
筋ジストロフィーの中で、福山型先天性筋ジストロフィー(FCMD)対象にして、 患者情報を登録するという制度が運営されています。
筋ジストロフィー患者登録センター(REMUDY, レムディー)
筋ジストロフィーの中で、筋強直性ジストロフィー(MD)を対象にして、 患者情報を登録するという制度が運営されています。
筋ジストロフィーの治療拠点整備、包括的診療ガイドラインの研究班
財団法人 精神・神経科学振興財団
国立病院機構一覧 (筋ジストロフィー関連病院)
CareCure-MD 筋ジストロフィーの治療と医学的管理に関する臨床研究班
ジストロフィー臨床試験ネットワーク
「IRUD(アイラッド、未診断疾患イニシアチブ)」 病名が不明な患者さんの診断に取り組む体制
ふくやまっこ広場
社団法人日本筋ジストロフィー協会の分科会「ふくやまっこ家族の会」のホームページ
筋疾患のお子さんをもったご家族の疑問にズバリ答える
筋疾患児の子育てQ&A(HP版) (2004/08/06)
(筋疾患児の子育てQ&A(HP版)は日本財団の助成により協会HPへのデータ移行を行いました。)
日本財団のロゴマーク

「―エキスパートに聞く― No.17」(公益財団法人 精神・神経科学振興財団)    
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。)
この情報は、財団法人 精神・神経科学振興財団のニュースレターに掲載されました、
国立病院機構八雲病院診療部長 石川悠加先生と財団法人 精神・神経科学振興財団常務理事 埜中征哉先生の対談をまとめたものです。
エキスパートに聞く その9 「福山型筋ジストロフィーの治療最前線」 (2012/07/20)  
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。)
この情報は、財団法人 精神・神経科学振興財団のニュースレターに掲載されました、
神戸大学大学院 医学研究科教授 戸田 達史先生と財団法人 精神・神経科学振興財団常務理事 埜中征哉先生の対談をまとめたものです。
エキスパートに聞く その6 「福山型筋ジストロフィー」 (2012/07/20)  
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。)
この情報は、財団法人 精神・神経科学振興財団のニュースレターに掲載されました、
神戸大学大学院 医学研究科教授 戸田 達史先生と財団法人 精神・神経科学振興財団常務理事 埜中征哉先生の対談をまとめたものです。
筋ジス世界治験参加 日本、薬の承認遅れ解消へ(2011/01/30)
筋ジストロフィー患者由来のiPS細胞における遺伝子修復に成功 (2009/12/9)  
この情報は、科学技術振興機構のプレリリース情報に掲載されました、 「ヒト人工染色体ベクターによる新たな遺伝子治療」・押村 光雄(オシムラ ミツオ) 鳥取大学 大学院医学系研究科 機能再生医科学専攻教授のグループの論文です。
筋強直性ジストロフィーの原因と治療戦略 (2009/01/23)
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。)
この情報は、財団法人 精神・神経科学振興財団のニュースレターに掲載されました、 「スプライシングを利用した筋強直性ジストロフィーの治療」を石浦章一先生(東京大学大学院総合文化研究科教授)の許可を頂き掲載いたしました。
エキスパートに聞く その2 「デュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療」 (2008/07/30)  
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。)
この情報は、財団法人 精神・神経科学振興財団のニュースレターに掲載されました、 神経研究所遺伝子疾患治療研究部長 武田 伸 一先生と財団法人 精神・神経科学振興財団常務理事 埜中征哉先生の対談をまとめたものです。
遺伝子診断に欠かせない 「AYAKA基金」 (2008/07/30)  
この情報は、財団法人 精神・神経科学振興財団のニュースレターに掲載されました、 音楽家BOROさんの善意の寄付と「AYAKA基金」のお話です。
「筋ジス治療の現状と未来、治療が始まる今」 (2008/04/11 UP)  
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。)
国立精神・神経センター 神経研究所遺伝子疾患治療研究部長 武田 伸 一先生
(第29回全国筋ジストロフィー大会北海道大会での講演(2007/9/14))
ポンペ病(糖原病II型)酵素療法に保険適応  
(日本筋ジストロフィー協会顧問 埜中征哉)   2007/07/25
神経筋疾患の在宅ケア  
独立行政法人国立病院機構刀根山病院2008年度版 (2009/04/22)
刀根山病院のダウンロードページよりご覧ください。
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。)
「筋ジス患者の現状と未来」  
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。)
国立精神・神経センター 神経研究所遺伝子疾患治療研究部長 武田 伸 一先生
(第28回全国筋ジストロフィー大会秋田大会での講演(2005/9/16))
骨髄の間質細胞から大量の(筋)幹細胞作成に成功 
(日本筋ジストロフィー協会顧問 埜中征哉)   2005/07/22
「人工呼吸器」
 (この資料はpdfファイルです。ご覧頂くには、Acrobat Readerが必要です。)

国立病院機構徳島病院副院長 多田羅勝義先生
(平成17年度春期役員研修会の講演資料・2005/05/21)
筋ジストロフィーに対する新たな遺伝子治療 「裸のDNA静脈注射」(日本経済新聞・掲載)について (2004/11/17)
神戸大学医学部での筋ジストロフィーDNA治療のニュースについて (2003/11/10)
筋肉再生の報道について (2002/12/12)